●3600人の配置
●7100人の拡充
●2200人増員
●400人増員


こちら、小中学校の教員の多忙さを緩和するための対策案だそうです。


文科省が必要な経費を2018年度予算で要求するとのこと。

●スクールサポートスタッフ3600人を配置(概算要求15億円)
●外部の部活動指導員7100人への補助(同15億円)
●小学校で英語などの特定教科を教える専科教員を2200人増員
●事務職員を400人増員
●いじめ対応、保護者とのトラブルなどで弁護士に学校が相談できるスクールロイヤー制度(同5300万円)
●学校での情報通信システム環境整備(同6億円)


2017年8月28日付 朝日新聞によると

-----------(以下引用抜粋)
16年度の公立小中学校教諭の勤務時間は、10年前より週当たり4~5時間増えた。残業が月80時間以上の「過労死ライン」に達する教諭は小学校で34%、中学校で58%。このため、外部人材の積極的な活用を打ち出し、パートタイムの「スクールサポートスタッフ」3600人を新たに各地に配置し、プリント印刷や掲示物作り、資料整理などを任せる他、部活動においても外部指導員7100人の配置を目指す。教職員定数は全体で、3800人増を求める。英語や体育など特定教科を受け持つ専科教員2200人、中学校でいじめや生徒指導に対応する教員500人、勤務時間が特に長い副校長、教頭の負担を減らすための事務職員400人など。
-----------

スクールサポートスタッフ3600人を単純に47(都道府県)で割ってみると、平均76人。

地方はもちろんこのままの人数が配置されるわけはなく

とすると1県あたり・・・小中学校合わせて・・・

と考えると、わずかな増員だとは思うけれども

これに伴って市町村による増員の動きも加速するかもしれない。


一方・・・

「少子化によって教員定数は3千人が自然に減るため、実際の増加幅は800人。教職員の若返りもあり、国が支払う給与の要求額は今年度より60億円少ない1兆5189円となった。」
(同日朝日新聞より)

とある。。


小中学校の先生方は本当に多忙だと、神業をこなしているように見えるから

サポートスタッフの配置がより充実するといいですね。


また児童たちは、学習の理解度や発達の特性によってみんな違うのに

教材やプリント、ノートなど、みんな同じものを使っているのは

不都合を感じることがあります。


拡大したり、量を調節したり、個人にあわせて調整するのはとても手間のかかること。

個人個人にあわせたきめ細やかな学習計画のプログラムとはいかないまでも

最近は発達特性に合わせて開発された教材もいろいろと出ているので

そういったものも積極的に取り入れていける環境だといい。


そして学校という、児童と教員しか入れない特殊な場所に

外部人材がもっと入り込んでくることに展望を感じています。


尾木ママは、教師生活を続けていては学校教育を変えられないと

評論家に転向したそうですが、先生に憧れて教師になったけれど

現実とのズレに疲弊して退職した人も少なからずいます。

私の知人で、二人の女性が教員として働いていましたが

結婚を機に県外転出のため、教員を辞めざるを得ませんでした。


地方公務員の教職員の方々は

勤務地はほぼ地元出身地に近く

長く教員を続けることができている

ということは

先生方同士、とても近しい血族のような性質があるかもしれません。



話しは変わりますが、2017年11月1日より

介護業界では外国人の技能訓練生の受け入れが解禁になるとか。

今年の初め頃だったか、そんな記事を見たように思いますが

私が学生の頃、インドネシアからの訓練生と仲良くしていたので

彼らのことを思い出しました。


劣悪な条件下で働かされていると言わざるを得ない事業所と

大事な従業員として厚意的に迎えられている事業所と

一目瞭然なところがありましたが

たとえどのような条件下であっても、純朴に誠実に働く優秀な彼らに

日本に対する熱心さに

日本人の私は自分のぬるさを反省したものです。



・・・「外部人材の活用」に関連して思い出したのですが

余談でしたね。。


今は、田舎の小さな小学校に特殊クラスの支援員として入っていますが

これからの教育は、特殊クラスに通う子どもたちに限らず

普通学級の子どもたちへの教育も

私自身も含め先生方も、システムも変わっていく必要を感じています。


すでにいろいろと変わってきていることを目の当たりにしますが・・・

これでいいのか? と、もやもやっとすることも・・・あります。

もやもやっとする以上に、歯がゆい思いをすることの方が多いかな。


家庭、子ども、親、先生。

これまでそうしてきたからという理由で、これからも従来通りのままでよいとは思えない。


文科省が掲げる「教員が余裕を持ち、子どもと授業に向き合える環境づくり」がより一層充実して

好循環が起こることを期待します。



教員も、子どもたちも、お父さんお母さんも


人は余裕がないと、大事なことに腰を据えて向き合えない。



時間にも心にも余裕があって、その上で大観でき


本当に大切なことに必要なエネルギーを注ぐことができるのではないかな、と思います。






[PR]
# by rescue-sophia | 2017-09-18 23:42 | ◆ 教育×親子×心ケア

インディゴ世代の役割


インディゴチルドレン


クリスタルチルドレン


レインボーチルドレン


彼らは本当に純粋で


本当に危うい時もあり、でも絶対的に大丈夫で


特にクリスタル・レインボーたちはとても友好的ですね。



とても個性的であるがゆえに


ギャップに苦しむ時も、必ずと言っていい・・・あるのだけど


だからでしょうね。


知的で愛のボリュームがとてつもなく大きい。


愛くるしい笑顔でどんな強固なものも変えていく。



知的さにもいろいろあると思う・・・


圧倒的な知識量や豊かな専門的情報を得意とするインテリさんや

知略に走りがちな策士策に溺れかねないクレバーさんや

洗練されてさわやかなイメージを伴うスマートさんや

そのどのタイプとも違う

それらを脱ぎ捨てたからかもしれない

本当の意味で賢い wise に近いような



はっきりと、すでに知っている~クレアコグニザンス


に近いような。



あなたにもあるでしょう?



何かしらの絶対的な


誰に信じてもらえなくても(誰にも打ち明けられない)感覚というものが。



春に、幼い男の子と出会い


秋に、とても若くて魅力的な女性がやってきました。



大激変の予兆を感じました。


ここ1~2年、数年のことではないかもしれないけれど


大きな変化の兆しを。



大きな変化には、大きな抵抗がつきものだし


そういう意味では大変なことも・・・。


だから、そんな彼・彼女らをなんとかして守りたい


なんとかして生きやすくなるように、活動しやすくなるように


サポートできたら、とも思いました。



その一方で


ボーダーも序列もない彼らは


波風をたてることなく、ただ存在するだけで


平和的に変化を起こしていく。


誰の内にもある、愛と善意の意識を揺り動かして目覚めさせていく。



本当のところはこれから・・・なのだろうけど


新しく出会った彼彼女たちだけじゃない


これまでに出会ったあなた方と


あなたが出会った人や彼や彼女たちが、出会い合ったから


とても頼もしく感じています。



ある人は、投げ石としての役割を


ある人は、地おこしのような、先に荒く前耕しとしての役割を


その後にまたある人は、なめらかにふくよかな大地になるように働き・・・



先の世代から後の世代へ



子どもたちはみんな天使だからね。


みんな地球が待ち焦がれた、スターチャイルドかもしれないね。



胎内記憶を持つ子どもたちについての第一人者、池川明医学博士と

胎話士の南山みどり氏の共著「宇宙チルドレン」や

ドリーン・バーチュー博士の著書多数

リー・キャロル著「インディゴ・チルドレン」など

関連書籍もたくさん出版されています。

ご参考までに、紹介させていただきます。




[PR]
# by rescue-sophia | 2017-09-14 23:24 | ◇ インディゴ・スターチャイルド


ギフテッドとは

並外れた成果を出せるほどの突出した才能を持つ子どもと定義されているようです。

長けている一つの分野に卓越した能力を発揮するのが特徴で

アスペルガーや高機能自閉症とも、似通って見えるかもしれません。

ギフテッドには2つのタイプがあり

英才型と呼ばれる、言語的認知、空間認知、記憶など全般的に高い知能を持っているタイプと

著しい能力の凸凹(得意と不得意)を持つ2E型とする報告もあります。


2Eについては、突出している能力がある一方で、その他の能力において谷があり

学習障害・広範囲性発達障害を併発しているケースが多いそうで

それゆえ、マイナス面が目立ってしまい、才能に気付かず埋もれてしまうこともあるのだろうと推察します。


少し前に、こちらでは
http://resophia.exblog.jp/237157122/

「天才」という表現も使っていますが

私は彼を「天才」に仕立てあげたいわけではありません。


子どもたちは無邪気な天使だなぁって、改めて感じたし

人は崇高な存在だとも思っています。


人とは違う行動が目立つ子どもたちは

何かしら発達障害を疑われる昨今ですが

私は、発達障害かどうか、ギフテッドかどうか

線引きはあまり重要としないスタンスです。


その人の助けになるのなら、診断や投薬や

いろいろな機会を試してみるのも一つとは思いますが

それは誰の判断でしょうか?







今は「天才の卵」の彼ですが、それは

天賦の才を持ってはいるものの

まだ幼くて、先は長いよ♪ということ。



彼が「天才」になることが大事なのではなく

<今頃ですが、天才って・・・たくさんの注目や称賛を集め、歴史に残る発明や革命的な偉業を成し遂げたとか、たくさんの人に感動を与えた、とかでしょうか?
そういう「天才」の生き方を生きることが gifted (与えられている)なら、そうなってもらいたいし、宿命と運命がうまくかみ合えば、そうなるだろうし>

というよりも、彼が充足して彼らしさを生ききる、ということの方が大事なのです。


せっかくの彼の、感受することと表出することの間にある独自のパスが

大人の都合や学校の規定であれこれ手入れ・手直しを入れられたら

彼らしさが傷ついてしまう。


彼の純粋性を守りたくて、それさえできれば彼は

俗にいう「天才」になってもならなくても、どちらでも

彼を極め、彼自身の天才になって幸せに生ききることができると思っています。


だから凸凹含め、発達障害も天賦の才も gifted -ギフテッド- されていること。


発達障害とかカテゴライズして、その課題と解決にスポットを当てるというよりは

それを含みつつ

それぞれの人が、魂からの渇望を満たして心から充足して生ききるということを

最も大切にしたいと、私はそう考えています。


あなたがあなたらしく幸せに生きることが一番大事。



結論・・・



発達障害とギフテッドの違いとは



その人らしく満ち足りた人生を送る目的においては、さほど重要ではない!ということ。



本人もご家族も・・・周囲の人も

〇〇障害、グレーゾーン(パステルゾーン)、健常者(定型型)という

どこに属するのか・・・気になることは避けられないとしても

それにとらわれ過ぎず、どこであっても充足して生きること

それに目をむけていきましょ。



関連記事
新時代の子どもたち~スターチャイルド




[PR]
# by rescue-sophia | 2017-09-14 00:47 | ◆ 発達障害


ある先生との会話で、ずっしりときた言葉


「(あの子たちが)求めているのは家庭の愛だから」



そうですよね~


家庭の愛に勝るものはない。


申し分ない愛情を家庭で受け取ることができたら、どんなに望ましいか・・・



ただ現状では、親子の間で、愛情と愛情表現、お互いの求めることと応えることが


うまく機能していないと感じることもあります。


家庭での愛がうまく循環していなくて


それが子どもたちの心を閉塞させている現状を、放ってはおけない。


そのうえ学校では、学業や社会規範の中で生きていく術を会得できたかどうかという


成果に評価が置かれがちです。



それはそうなんですが。



家庭以外の・・・


友達や、地域の人や、あかの他人やどこかの誰かとの出会いが


自分でも気付かず満たされていないところに、ちょうどフィットする・・・


そんな感覚ですごく救われることって誰しもあるでしょう。



それが生涯にわたって記憶に残り、心の支えになってくれることだってある。


大げさな事ばかりじゃなくて、ふとしたささやかなことでも


それは充分、愛の体験と呼ぶにふさわしい。


短期間のうちに出会ったささやかな愛もあれば


長期間にわたって関わりあうことで、やっと愛に辿りつくこともある。



学校では、生徒と教師という関わりの中で、そんな愛の体験を模索するのも


学業の習得と同じくらい重要なものと考えています。


家庭にあるはずの愛がうまく機能していないならば


家庭の次に長く過ごす学校で


愛と信頼の体験を求めていくのは自然な流れではないでしょうか。


それは師弟愛と呼ばれるものかもしれない。



学校生活の中で、子どもたちにはたくさんの体験をしてほしいとは思います。


目標設定と達成、継続と努力、友愛と楽しみ、失敗からの問題解決


信頼をベースにしたコミュニケーション・・・などなど。


ただし私見ですが


すべては愛という基盤のうえにやっと威力を発揮するものだと思うのです。


脆い基盤の上では、危なっかしく崩れやすい。



愛って、あなたを理解したいと真剣に向き合うこと。


見せかけではない、あなたの本当の姿を見つめようとする眼差しだと思うのです。


その愛のうえで、いろんな体験の意味付けがより深まるのではないでしょうか。



教師とは、自分とは違う一人の児童の、心や思考の動き方に寄り添って


彼らが描くより良い方向を、同じ立ち位置から眺めることができ


かつ、長く生きて経験を積んだ先の視点から、彼らを導くことの


すべてを同時にできなければなりません。



愛と共に。






[PR]
# by rescue-sophia | 2017-08-29 23:58 | ◆ 教育×親子×心ケア

言葉の栄養、再掲

日々の食事は

心にも身体にも

疲れを修復し

パワーの源となってくれますが

言葉も同じですね。

美しい言葉は、魂を育ててくれる。

生命の滋養になる。


以前にも紹介した

◇ 朝の詩 ◇

再掲です。


学校で子どもたちと接していると

「うざい」「きもい」「むかつく」・・・なんて

耳障りのよくない言葉を、子どもたちは

いとも簡単に使ってしまうことがあります。

だけど、子どもたちは本来

そんな言葉は知らないはずなのです。

どこかからそんな言葉を聞いて、覚えてしまったのです。

TVやいろんなところから、耳障りのよくない言葉は

いつでも流れてきて

シャットアウトすることは、もはや難しい。


大人たちは、乱雑な言葉からどうやって子どもたちを守れるか

意識して取り組まないといけない。


逆に、美しい言葉は

探してやっと見つけることのできる

稀にたどり着けるものなのかもしれません。


真理をとく美しい言葉が、日常のものであったとしたら

子どもたちの命は、どんなにか輝くだろうと思います。


子どもたちには、たとえば朝の詩の言葉は、少し難しいフレーズなのでは?と

大人は思うかもしれない。

でも私は、子どもたちのまっさらな吸収力を信じて疑いません。

彼らの繊細な柔毛のような感覚は

言葉の音節、響き、すべてから感知するでしょう。

彼らが、十分に感知できる状態にあれるように、大人が配慮すべきことはたくさんあるとしても。

(十分に感知できる状態については、またの機会に追記します)

美しい言葉を

子どもたちにも聞かせたい。


2学期からは、シュタイナーの朝の詩を

1週間の始まり、月曜日だけでも

クラスで、みんなで

唱和して始められるといいな♪



[PR]
# by rescue-sophia | 2017-07-23 20:33 | ◆ 教育×親子×心ケア

一杯のコーヒー

前回、松江市教育委員会でのことを書いたので

今につながるエピソードをもう一つ。

松江市のメールマガジン ーだんだんかわら版- に
「 友達の輪・話・和 」というコーナーがあって
そちらに寄稿させてもらった時のことです。

このフレーズが、ずっと頭に残っているのです。

今春からは、三重県の小さな町の小学校で
契約職員として勤務しているのですが
実はもう一つ仕事をしています。

もちろん、教育委員会はじめ、校長にも
最初から兼業の意志をつたえ、許可をいただいた上でのことです。

昨秋からは、コーヒー豆を扱うショップで
時々働かせてもらっています。

私はもともと紅茶派で
コーヒーを好んで飲むことは、そう多くはなかったのですが
コーヒーのことも分かるようになるといいと思い
吸い寄せられるように
今のところで働かせてもらうようになりました。

「 一杯のコーヒーにもセラピーがある 」

だんだんかわら版には、紅茶派なのに
まるでコーヒー通のような書きぶりなのが可笑しいのですが
今も変わることなく、そう思っています。

立ち上る湯気・・・

その日の気分に合わせた珈琲豆・・・

似合うように、引き立つように選ばれた、好みのカップ&ソーサ―

まず香りをいっぱいに吸い込んで・・・


セラピーの瞬間の連続です。

プラスαで
美味しく淹れよ、と願いながら注ぐ時

セラピーの効果はピークに達します。


 ***

ショップでは、珈琲豆だけでなく
国内外からの食材や調味料も取り扱っています。

「 一杯の〇〇のなかにもセラピーがある 」のは
コーヒーだけではなく、日々の食事も同じ。

セラピーという表現を、抽象的に使ってしまいましたが
人が幸せに健やかに生きていくために
一杯のコーヒーも、日々の食事のイロハも
決して軽く扱うべきではない、絶大な力を持つ
大切な営みの一つであるということを、言いたかったのです。

そのことは、子どもたちにも伝えていきたいですね。


※ちなみに、コーヒーや南方系の産物は
体を冷やす作用があるので、夏でもホットをおすすめしますよ。
胃腸の冷えは良くないですからね。
くれぐれも、アイスコーヒーの飲み過ぎにご注意を♪



[PR]
# by rescue-sophia | 2017-07-22 22:27 | ◇ soul road

1学期の終わりに


もうすぐ1学期が終わろうとしています。

プール水泳が始まったと思ったら、もう夏休みが目の前!!


まさかまた学校に通うことになるとは夢にも思っていなかったのに

小学校に通い、子どもたちに関わることになるなんて、、


友人に話したんです、そういえば

カラーセラピストとして、島根県松江市の教育委員会の人事部で

色の話をさせていただいたのが、自分の誕生日で

なんてプレッシャーのかかる誕生日だと思いながら、とても充足していて


教育委員会さま、かぁ

なんで誕生日に教育委員会なんだな、とか

教育委員会ねぇ・・・

と、しみじみ繰り返した。


今の学校で出会った、田舎の子どもたちは

一言でいうなら、やっぱり、かわいい。

特別クラスで受け持つ子は、めちゃめちゃかわいくて

おまけに、とても、何というか、格別だ。


「君、天才だね~」と、決して持ち上げた訳じゃなくて、感じたままに言葉にしたら

その気になって「僕、天才や!」とはりきっているうちはいいが

そのうち「何もしなくても天才」と勘違いを始めるので「君はまだ天才の卵や」とフォローを入れるのだが

彼らはどこかで、自分に天才的なところがあると気付いているフシがある。


学校では、たくさんの子どもたちに相対する時、子どもと1対1で心と心で真剣に向き合える時

先生方とのハザマで、また親と子と先生と、教育委員会やいろんな関わりの中で

彼らの個性の輝きをどう守って、どう育んでいけるか

彼らの生命の力をどう引き出していけるか。


親も先生も、良かれと思って

君に幸あれと願って

一所懸命なんだよね。


三重南伊勢から始まり、名古屋で就職し、京都伏見に転勤し、大阪豊中に住み

島根松江を経て

スピリチュアルな旅も、まだまだ探求したい。

これまでの数々のサインと軌跡も記しておきたい。


ただこちらのブログはいったん終わりにしようと思う。

再開することがあるかもしれないけれど。

また、会いましょう!


明日は絵本の読み聞かせを

眠る前には遠い国の物語を。



[PR]
# by rescue-sophia | 2017-07-11 23:23 | ◇ soul road